首・肩・腰・膝の痛み、交通事故での治療、姿勢矯正、産後の骨盤矯正など当院へご相談ください! リンパ浮腫治療(複合的理学療法)にも力を入れております。 小顔美容やその他矯正、多数の診療を行っておりますので、ぜひ一度ご来院ください。なかもず、深井、上野芝方面からお車で約3分

坐骨神経痛

  • HOME »
  • 坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

坐骨神経とは、人体の中でもっとも太い神経であり、腰からお尻を通って足先に走る太い神経です。
坐骨神経の走行部位に沿って、放散痛やしびれ、違和感などがある状態、またはその症状の事を、坐骨神経痛といいます。

痛みの表現としては、しびれは「びりびり」「ピリピリ」「チクチク」「ジンジン」など、痛みは「ズキズキ」などと表現されることが多いです。
痛みの場所は、坐骨神経が通っているお尻から下肢にかけて起こり、片肢に症状が出る場合がほとんどですが、両肢にあらわれることもあります。

坐骨神経痛は1つの【病気】の名前ではなく、お尻から太ももの後ろ側が痛くなる【症状】をさします
その原因は様々で、代表的な原因は椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などです
※その他にも様々な原因があります

腰椎椎間板ヘルニア

骨と骨をつなぐ椎間板に亀裂が生じて、中の椎間板組織の一部が飛び出し、神経を圧迫することで起こります。首から腰にかけての痛みや足指のしびれ、片側の足に痛みやしびれが出るのが特徴です。

痛みの特長

前かがみになると痛みが出やすい
・あぐらや横座り
・中腰で行う作業
・猫背の姿勢

などは腰への負担が大きく、椎間板が飛び出しやすくなり痛みが出やすいです。

腰部脊柱管狭窄症

加齢や長年腰に負担をかけることによって脊柱管が狭くなり、神経を圧迫するために起こります。安静時は症状が軽いことが多く、歩き続けると下肢にしびれや痛みが出て動けなくなることもあります。

痛みの特長

身体を後ろに反らせると、脊柱管がさらに狭くなり、
神経などを圧迫するため、
・高いところのものを取る動作
・腰を捻る動作
・背筋を伸ばす動作

などは、痛みが出たり痛みが強くなるのが特徴です。
逆に前かがみになると脊柱管が広がるため、自転車の運転や靴下を履く等の動作は比較的楽に行えます。

坐骨神経痛の治療法

◆超音波治療器◆

◆プロテクノPNF◆

◆インナーマッスルトレーニング コアレ◆

◆鍼灸治療◆

痛みを和らげることを主体に、ツボに細い鍼を打つことで血流を良くします。
【効果】
臓器やホルモンの調整、筋肉疲労、神経痛、打撲、捻挫、ストレスなどの
心因性の痛みの緩和、自己改善力など

当院では待ち時間軽減の為、予約優先制を取らせていただいております。
お電話・ラインから、ご希望の日時をご予約ください。

気になる症状などございましたら、お気軽にご相談ください! TEL 072-278-0027 【予約優先制】
8:30~12:00 (月・火・水・木・金・土)
16:00~20:00(月・火・木・金)     
※日・祝はお休みをいただいております

Copyright © よしの鍼灸整骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.