交通事故・むち打ち | よしの鍼灸整骨院

交通事故・むち打ち

このようなお悩みはありませんか? | 堺市 よしの鍼灸整骨院

  • 事故の衝撃で首を傷めてしまった
  • 1週間以上経ってから痛みやしびれが出て来た
  • 肩から腕にかけてずっと違和感が取れない
  • レントゲンで異常なしと言われちゃんと治療してもらえない
  • 後遺症が残るのではないかと心配

むち打ちとは? | よしの鍼灸整骨院

むちうちは正式名称を「頚部捻挫」といい、事故の衝撃で首がしなり、さらに頭の重みが加わって首周りの筋肉や神経、靭帯などが傷つく症状を指します。

症状は、ダメージを受けた部分によって様々なものがあります。

  • 頚椎捻挫型
    首の捻挫で、首・肩・背中がダメージを受けて痛む
  • 神経根症状型
    首の神経根が傷ついた状態で、主に上半身に痛みやしびれ、筋力低下などの症状が出る
  • バレ・リュー症状型
    首の神経が傷ついたため、めまいや耳鳴り、頭痛、吐き気、動悸、視力・聴力低下などが起こる
  • 脳脊髄液減少症
    衝撃で脳髄液が漏れてしまう症状で、全身の痛みやしびれ、聴力や視力、味覚の障害、自律神経症などが起こる
  • 脊髄症状型
    最も重症な症状で、脊髄がダメージを受けて主に下半身に障害が出て、足のしびれや歩行障害になる

むち打ちが治りにくい理由 | よしの鍼灸整骨院

むち打ちの75%は頚椎捻挫型で、事故直後からきちんと治療すれば数か月で治癒するといわれています。
しかし、この疾病の特徴として、事故直後は症状を感じないことがよくあります。
原因は不明ですが、事故によって精神的ショックを受け、痛みを感じる神経が一時的に麻痺してしまうからではないか、と考えられています。

しかし、そのために病院に行くのが遅れ、後遺障害が残りやすいのです。

また、むち打ちは骨折ではないため、レントゲンには異常が写りません。
西洋医学では目で確認できる異常がない場合、患者の訴える症状を緩和する以外の方法を持っていません。

そのため、整形外科に行っても痛みやしびれを抑える対症療法が主体になります。
実際に傷ついている神経や筋肉、靭帯などをきちんとケアしないため、後々まで不快な症状が残りやすいのです。

当院の治療方針 | よしの鍼灸整骨院

当院はむち打ちの治療に精通しており、一人一人の患者様の状態を細かくチェックした上で治療に当たっています。

多くの場合事故の衝撃で骨格が歪んでいるため、痛めた首の痛みを和らげるだけでなく、ミリ単位で歪みを整えていくのです。
また、首から背骨にかけて自律神経が通っているので、その部分を矯正してめまいや吐き気、頭痛、耳鳴り、食欲不振などの症状を緩和していきます。

むち打ちは、早く治療を始めるほど後遺障害が残りにくくなります。
不快な症状を感じたら、一日も早く交通事故治療に多くの実績がある当院にご相談ください。

お問い合わせ

よしの鍼灸整骨院

住所

〒591-8034
大阪府堺市北区
百舌鳥陵南町3-184

アクセス

駐車場6台完備

診療時間