外側上顆炎 | よしの鍼灸整骨院

外側上顆炎

このようなお悩みはありませんか? | 堺市 よしの鍼灸整骨院

  • 肘の外側が痛む
  • 物を掴んで持ち上げる時に痛みが出る
  • タオルを絞った時に痛みが出る
  • ドアノブを回した時に痛みが出る
  • ラケットスポーツ(テニスやゴルフなど)をした時に痛みが出る

なぜ外側上顆は起こるのか? | よしの鍼灸整骨院

上腕骨外側上顆炎はテニス愛好家に多いことから「テニス肘」と呼ばれることが多いです。

でも、実際はスポーツ以外の日常生活動作や仕事の動作が原因で発症することの方が多いのです。

テニス肘は、手首に負担がかかる動作を繰り返し行ったとき、肘の外側から前腕にかけて痛みが発生します。

加齢や筋力の衰えや性別も関係していると考えられます。

症状が改善しない理由とは? | よしの鍼灸整骨院

改善しない理由としては、第一に使いすぎ(オーバーユース)と考えられます。

40代以降で発症する人が増加するといわれており、年齢も原因のひとつです。

また、スポーツで発症した場合は、「不十分なストレッチ」・「自分の体力や体格に合わないラケットの使用」などの可能性があります。

外側上顆に対する当院の施術方法とは? | よしの鍼灸整骨院

よしの鍼灸整骨院では、初めにカウンセリングをさせていただき、お客様にあった施術をご提案させていただきます。

まず、簡単な検査法をさせていただき、痛みの部位や程度を確認します。その後お客様の不調にあわせて、超音波治療やハイボル治療器、または超音波とハイボルを繋ぎコンビネーションで同時に使用する施術などを行います。

その後、前腕の筋肉を手技で緩め、ストレッチを行います。セルフケアにおいてもお伝えしており、ご自宅でもできるストレッチ方法や日常での注意することなどもお伝えせていただきます。

肘に違和感や痛みがでたら、お早目にご連絡ください。

お問い合わせ

よしの鍼灸整骨院

住所

〒591-8034
大阪府堺市北区
百舌鳥陵南町3-184

アクセス

駐車場6台完備

診療時間